非実在少女

舞台俳優、アイドル、2次元

最近あなたの暮らしはどう

こんばんは。日中などかなり暑くなってきましたが、いかがお過ごしでしょうか。

わたしは、友人はもう聞き飽きていると思うのだけど、推しに仕事が決まらなくて、他にも現場がないし、毎日退屈してる(笑)ブログ書くにもネタがないっていう。そもそもこんなブログ読んでいる人はいないと思うけれど。

何をして過ごしているかというと、まあ主に仕事しかしてなくて。6月から部署異動になって、常にそこかしこで社員同士怒鳴りあってるような部署に来てしまったので、毎日ピリピリというかあわあわというか。この仕事に慣れる日は果たしてくるのだろうかと思いながらも、目の前の仕事をただただ全力で取り組んでる。今のところ結婚願望ないけど仮に結婚したとして、今の仕事は辞めるんだろうな(笑)

 

せっかく時間もあって、お金も少しならあるので何か行きたいなと思って、刀剣乱舞のライビュ(劇場じゃないあたり茶の間)のチケットを応募したり、推しがいないのにテニミュ六角のリリイベに応募したり、神戸開港150周年記念でドアラとWEAVERのフリーライブに行くことを心に誓ったり、go!go!vanillasのワンマンライブに応募するも落選(でもまだ諦めてない)したりしている。もうすぐJの担当のCDも発売される。テレビにたくさん出てくれるのでうれしい。

こんなにたくさん予定はあるのに、心が萎んでいるのはやっぱり本命の推しに仕事がないからだ。彼はツイッターをしていないので、情報源といえば彼のアメーバブログと、仲の良い俳優のSNSで見かけるくらい。

そんな彼自身からの唯一の発信であるブログも、仕事がないと更新がめっきり減る。ドリライ中は毎日更新があったが(稽古中は3日に1回ペース)終わってから徐々に減っていき、今週ついには週1になってしまった。さみしい。

・事務所のレッスンに参加していると知ったので、どんなもんかと調べてみて、彼の事務所の資料を請求しようとしたところで我に返った。事務所に履歴書送ってみようかな。

そもそも刀剣乱舞のライビュのチケットを取ったのも、彼が観劇していたからだ。次回作があれば出るんじゃないかと勝手に暴走した挙句、その次回作の発表があるんじゃないかとものすごい発想で行くことを決めた。以前応援していた和田琢磨さんが出ているというのも、もちろんある。

・最近彼が飲んでいた野菜ジュースを飲むようにした(前から飲んでたけどわたしはオレンジ派だった。彼が緑を飲んでるのを見てから緑に変えたというだけの話)。

・彼が読んだと教えてくれる小説と同じものを読んで、まるで耳をすませばの月島雫のような気持ちになっている(同じノリで彼の見た映画も見ようかと思っている)。

・チムライのMUSICが配信されたというので意気揚々と聞きに行ったらBGMだけだったが、脳内で彼の声を再生して充分沸いている(今日の話)。

そんな毎日だな。姉に気持ち悪いって言われてる。わかる〜〜。

 

ほんとに意味のない更新なのだけど、タイトルの「最近あなたの暮らしはどう」はわたしの大好きなバンドTHE NOVEMBERSの楽曲のタイトル。本当に好きなバンドで、好きな曲。CDがすぐに手の届くところにあったので歌詞カードを載せます。

最近あなたの暮らしはどう

一体何を話して笑うの

かわいいあなたの暮らしはどう

一体何を話して笑う

忘れていく

 

f:id:jgamdjp:20170617010424j:image

 

 

病んでるのかと思われそうだけど、こう見えてめちゃくちゃハッピーです。

実録!これが最近のおたく参戦服だ!

覚えてるうちにと思って先日、二大ライブ(プリライ、ドリライ)の記事を一気に書いたのだけど、こちらも忘れないうちに書いておきたいと思ったこと。というのも、あの二日間、ほんとにすごい数のすごいおたくを見たのだ。見た目のインパクトがハンパねえ、クセが強すぎるおたくたち。わたしは両日ただの少し気合の入った私服を着てしまって(プリライの日はかろうじて痛バ持参したけど)なんか逆に浮いたし、もう少し張り切ればよかったと本気で後悔したので、戒めのために書きます。これからおたくイベントに参加される方はぜひ参考にしてください(ならない)。

偏見だらけのこと書くので、ご注意を。あくまで一個人の意見です。クレームは受け付けませんが、こんな人もいた!っていう意見はいつでもお待ちしております(笑)

 

まずはじめに、おたくの参戦服のやばい度(トチ狂ってる度)(ぴよみ調べ)(異論は認めます)は、

プリライ>>>>>┊超えられない壁┊>>>>>>>ドリライ>>>>>>ジャニーズ>>>>刀ミュライブ>>>ハロプロ>>2.5次元舞台>>その他舞台

という感じ。わたしが主に行ってる現場だけの話だから、かなり偏ってるけど。(ちなみに、ハロプロは°C-uteです。落ち着いてるよね、°C-ute。)

刀ミュライブは、去年の行ってドリライみたいな感じかと思ってたら意外と落ち着いてた。雨だったし冬だったからってのもあるかもしれない。まあ、この中でずば抜けてやばいのは言わずもがなプリライ、次点でドリライ。もうこのふたつだけは胸を張って言えます。みんなやべーぞ普通の感覚で行ったらえらい目に合うぞ気をつけろ、と。というわけで、主にこのふたつの現場で見たおたくについて書きます。

※実録と言いながら、晒したいわけじゃないので、若干変えてます。

※絵が下手です

※実際はみなさんこういう服+痛バ、グッズじゃらじゃらなのでもっとキャラ愛強い感じです

 

 

1.推しの名前アピール系

法被、Tシャツ、特攻服。これらはプリライ、ドリライどちらでもかなりの数見ました。推しのセリフだったり、一生〇〇推しとか〇〇命とか書いてる人が多い。

f:id:jgamdjp:20170607220530j:imagef:id:jgamdjp:20170607220542j:imagef:id:jgamdjp:20170607220548j:image

 

 

2.とりあえずカラギャン系

とりあえず推しのカラーを全面にアピール。小物ひとつだけ推しカラーとかじゃなく、全身なのがポイント。

f:id:jgamdjp:20170607220602j:image

 

 

3.ぬいぐるみ、グッズの数の暴力系

プリライではくまプリを埋めたドレスやくまプリを付けた帽子、とりあえず身体につけまくる缶バッジ、身体に巻きつける特大タオル、、、そして痛バはどこの現場でもよくいるけど、プリンセスは2個持ち3個持ちが当たり前。最近多いのはWEGOのハートの窓がついてるタイプのリュック、トート。うたプリは公式グッズでクリアコートバッグがあるので、それの所持率ハンパない。持ってない方が浮く。少し前までは「とにかく缶バッジを鱗のように付けてなんぼ」的な風習があったのだけど、最近はバランスよくセンス良く、キーホルダーなんかも付けてる人多いイメージ。かわいいグッズも増えたからかな。

f:id:jgamdjp:20170607220621j:imagef:id:jgamdjp:20170607220627j:image

 

 

4.わたしはプリンセス系

主にプリライでよく見た。ファンをプリンセスと呼ぶことにちなんでか、やたらお姫様風の人が多いです。頭にはティアラ、推しカラーのドレス。ドリライでもドレスの人いたし、ジャニーズでもよくいるから、基本的におたくの現場にはいるもんだと思ってる。

f:id:jgamdjp:20170607220637j:image

 

 

5.コスプレ、同じ衣装作っちゃった系

ウィッグやカラコンまでしてる人はさすがに少なかったけど、衣装の人わりと多い。ドリライでもジャージの人いました。正直、これは賛否両論分かれるところがあって、以前某アイドルがあん◯テにコスプレ観劇して炎上してたのも記憶に新しいです。よほど可愛くない限り、基本ぶっ叩かれます。わたしも否定派なので、衣装着たいならちゃんとウィッグカラコンもメイクもして、それに相応しいイベント(コミケとか)でやってほしいと思ってしまいます。f:id:jgamdjp:20170607220648j:image 

 

 

6.ロリータ系

根強い人気ですねえ。ロリータかつ、カラギャンかつ、グッズにまみれてる方結構います。歩くのが大変そうです。

f:id:jgamdjp:20170607220656j:image

 

 

7.ふわふわ量産型系

これはテニミュ界隈に非常に多いです。程度の差はあれど、ドリライの5割以上こういう人だったんじゃないかなと思うほど(笑)ジャニーズにも多いですね。別にタレントや俳優本人がこういう系統好きっていうわけではないと思うのだけど、なぜか多い。(むしろわたしのジャニーズの担当は女の子らしいとかふわふわとか苦手で、サバサバしたギャルみたいのが好きって言ってます。俳優の推しもかなりカジュアルでおしゃれなので好きじゃないと思う。おたくはそんなんおかまいなし。)

サマンサのバッグにメゾンドフルールのイニシャルチャーム、メゾンドフルールのリボントートバッグ、フレアスカート(花柄)にブラウス。全体的に淡い色。推しカラーの人もいますが、たまにピンクが好きだからと言って推しカラーじゃないのにピンクの人とかもわりといます。若い子が多いです。

f:id:jgamdjp:20170607220718j:image

 

 

8.なんかわからんけどとりあえず露出系

夏は増えますね、、、、、

f:id:jgamdjp:20170607220805j:image

 

 

9.完全潮干狩りスタイル

ドリライの六角の演出にちなんで、完璧な潮干狩りスタイルのお姉さんがいました。完全にけんたろうの初恋狙ってますね。その発想はなかった、ありがとさーーんかく!

f:id:jgamdjp:20170607220812j:image

 

 

10.プリクロ、プリパカ等公式商品活用系

うたプリにはプリンスパーカー、プリンスTシャツという、アイドルがデザインした(という設定)の商品があるので、それを着てる人もやはり多いです。わたしは部屋着にしてますが。そして同担が結構「心のダム」Tシャツ着てて、すげーなわたし家でも着れねえよ、、おまいらすげーよ、、、ってなりました。ダムの決壊です(意味不明)。

f:id:jgamdjp:20170607220840j:image

 

 

11.双子ちゃん系

上記のいずれかのスタイルの双子ファッション。ひとりは勇気がいるけど、お友達といっしょだと心強いんだろうな。個人的に、お友達とあんまり体格差がない方がいいと思います。

 

 

 

▽番外編:ヘアメ

今のおたくの流行りはヘアメ(ヘアセット、ヘアメイク)です。ドリライ、プリライ両方で大量に見ました。主に上記7番の子がしてるイメージが強いですが、そうでなくてもしてる人多いです。リボンを編みこむのが流行ってます。プリライだったらリボンをくまプリが入った箱に付いてるリボンを利用してたり、ドリライではなんと銀テープをリボンにしてる人がいました。お友達と双子の人が多いよね。

かわいくヘアメした後ろ姿をふわふわ加工してSNSに投稿するのがイマドキ。わたしは若くないし、いっしょにやってくれる人もいないし、似合わんからと思ってたんだけど、突然やりたくなったので次何かイベントがあればひとりでもやりたいと思ってます。痛いババアだなあと思わず、ババアもババアなりにテンション上がってんだなってあたたかい目で見てもらえるとありがたいです、はい。

 

 

▽番外編:メンズ 

ドリライでは見なかったけど、プリライには結構メンズがいた。カップルとかじゃなくてメンズのグループもいました。わりとノリノリでユニフォーム風の服着てたり、軽くコスプレ(それは個人的にやめてほしかったけど)してたり、メンズも推しを大アピールして目立ってました。ちなみに、わたしが思うメンズに人気のあるプリンスは、来栖、一十木、一ノ瀬、神宮寺です。

 

 

▽番外編:キンブレ

おたくの必需品、キンブレ。キンブレシートに推しの名前を印刷してそれを筒の中に入れてカスタムするのが流行りです。これ、何が発祥なんだろう。わたしも去年のドリライではじめて作って、今回も推しの名前で作りました。ジャニーズの現場でも見るけど、ジャニーズは基本的に公式以外のペンライト禁止。わたしは撮影用()に担当のキンブレ作ったけど、現場ではダサい公式のやつ使ってる。実際キンブレの文字を推しが気づくことはほぼ不可能だと思うけど、気持ちの問題。あと、ジャニオタはメルカリやらで頼んでお金を払って作ってもらいますが、2(.5)次元系は自分で作ります。簡単にすぐ作れるし自分で作った方がコスト削減になるので、その浮いたお金で推しのブロマイドでも買えばいいんじゃないかな。

 

キンブレといえば、最近の地下ドルブームからきてるのか、ドリライでもプリライでも、両手に10本くらい持って指揮者スタイル(っていうの?)の人結構いた。あとUO、大閃光。ライブの定番ね。目立ちたいのはわかるしまあ人の勝手にすればいいんだけど、プリライのすぐ前の席の人がこのタイプで、まあ常に頭の上で何十本ぐわんぐわんさせてるわけです。わたしは背が高い方だから全然見えないってわけじゃないけどところどころ見えないし、気が散って仕方なかった、、、正直視界の邪魔で疎ましくて。ずっともぞもぞごちゃごちゃしてるし。曲なんて聞いちゃいないよね、、、

後ろの人に注意されたけど無視して振り回してやった!何十本振って指が腫れて痛い〜〜!って武勇伝にしてる人とは、まあ、話が合わないなと思うぴよみです。わたしのように、キンブレモンスター(命名)にどこかで嫌な思いをした人が他にもいるのかもしれないと思うけど、大丈夫!こういう人は大体推しに干されるので!(笑)少なくともわたしはこういう奴らがファンサもらってるとこ見たことないので!ざまあ、ばかな奴めと思いながら、推しだけに集中して一生懸命応援しましょう(性格悪くてすみません)

なんか愚痴になっちゃったけど、まあみんな目立ちたいんだよな。そりゃ推しに見てもらいたいもん。キンブレ頭の上で振るの楽しいしねわかる。わたしも思わず振り回しちゃう時もあるよ。うん、でも、少しの思いやりは必要だし限度があるよって思うんよね、わたしは。

 

ここまでこうして書いたけど、まあ多種多様なおたくがいて、みんなちがってみんないいです(迷惑になるようなのはだめだけどね!)。おたくはその日のために全てをかけてます。

プリライの参戦服で思い出すのは、四ノ宮那月クラスタが那月のサザンクロス恋唄の歌詞の「迎えに行くから 月で待ってて」にちなんで、宇宙服(ガチのやつ)を着て「月で待ってる!」ってツイートしてたお姉さんなんだけど、あれすごい好きだったな(笑)近くにいたら嫌だなと思うだろうけど(笑)今年はそういう人いなかったのかな?ツイッター見てないからわかんないや。

 

最初に、わたしは普通の服で行って後悔したって書いたけどほんとにそうなので、次のイベントではもっとギラギラのおたくになっている予定です。早く次の現場くださ〜〜い!!!

 

DREAM LIVE 2017に行ってきた

プリライの翌日、5月28日、DREAM LIVE2017に行ってきた。横浜アリーナ。すごいよね、横アリって。しかも5回も。(チケットの売れ行きがあんまりよくなかった件についてはあえて触れないでおく)

DREAM LIVE(通称ドリライ)というのは、かの有名なミュージカル テニスの王子様の出演者が、キャラビジュで歌って踊るライブのこと。ほとんどテニス関係ありません。まさに夢の世界。テニミュファンにとっては祭りの立ち位置で、普段はわりとおとなしく観劇している我々が羽目を外して思いっきり推しにキャーキャー言い、キンブレを振ることを許されたイベントである。

 

 誰が興味あんねんって話なんだけど、4月のTEAM LIVE HYOTEIでわたしは今の推しに落ちました(どどど新規やんっていうツッコミは各自、心の中でお願いします)。以前の推しがテニミュだったからその時から通い続けてて、推しがいない状態で見た六角公演で今の推しがかわいいなあと思って。日替わりがちょうど推しの日で、それがツボだったんだよね。で、そのあと軽率にチムライ行ったら、まあ見事に落とされたって感じです。なんかツイッターでちょくちょく言ってるんだけど、ほんとに落ちると思ってなくて。氷帝公演で見てた時には興味なかったし、年下すぎるから(笑)何があるかわからないですねえ。前科があるのでこの先どうなるか自分でもわからんけど、今は今の推しを精一杯応援するつもりでいる。彼氏じゃないんだからそんなに気負わなくていいじゃんって友達に言われて吹っ切れた(笑)推すのに権利なんてない。今が好きならそれでいいじゃん。(自分に言い聞かせてる)(基本ポエマー)

前推しは同担とごだごだ()もあったしほんとに二度とテニスに推しなんて作るか!俳優おたくなんてやめてやる!とか思って降りて、なんで今こうなってるのか自分でもわからない。とりあえず、落ち込むこともあるけれど、わたしテニミュが好きです。(BGM:やさしさに包まれたなら)

 

話が逸れました。

そんなこんなで、推しの現場です。彼に落ちたばかりなのに、もうテニミュはしばらく出ない?(氷帝は全国氷帝に出るのかどうか、まだわからないふわふわした状態。キャストが口を揃えて「集大成」「会えなくなるの寂しい」とか言うのでファンもセンチメンタルモード。ていうかこの状態嫌やねんけど)ので、この日がすっごく楽しみだったけど、どこか寂しい気持ちもあった。

 

会場には早めに行って物販並んだんだけど、前日のプリライを考えると列短い!楽勝楽勝!って感じで調子乗ってたんだけど、氷帝のタオル完売して買えなくて泣いた(笑)プリライもタオル買えなかったし、なんだよどんだけわたしに汗ふかせたくないんだよふざけんな(笑)

しかも推しの蔵出しブロマイド、完売してた!すげえ!わたし含め、チムライで新規めっちゃ増やしたよね。

 

そんなこんなで、あっという間に開場。

いらん気しかしないけど、一応ステージ構成(安定の低クオリティ)。

f:id:jgamdjp:20170603204328j:image 

席に着いてびっくりしたのが、まさかの前通路のめっちゃいい席じゃん!ってのと、事前に座席調べてた時には上手だったのに実際下手じゃん!ってこと。あとは単純に、今からこの大きなステージに推しが立つんだ!もうすぐ推しに会えるんだ!って気持ちでドキドキで壊れそう1000%LOVE(前日のノリを引きずっている)でした。ちなみにわたしの座席は昼公演はセンター下手側バクステ寄り、夜公演はアリーナ6列下手側。

 

さあ、いよいよはじまりました。

まずトリオの前説があって、スクリーンに各校ひとりづつ紹介するように映し出されていく。この時に名前を叫ぶのがドリライのお決まり(下の名前か上の名前か、あだ名で叫ぶか、そこはもうノリと雰囲気)。そのあと学校ごとに舞台裏?みたいなとこでようこそ的な感じの映像が流れたんだけど、その推しがかわいすぎてそこでまだ出てきてもないのに沸き散らした。 

からの、DREAMで幕開け。いやあ〜〜ペンライトめっちゃきれい!!!! あの景色は客席から見ても感動するけど、ステージから見たらほんとにすごいんだろうなって思う。

やっぱりステージに推しが出てくる瞬間がいちばんドキドキするし、何度味わっても泣きそうになる。

 

チムライではやらなかったブリザード聞けたのがほんとにうれしかったし、ブギウギのダンスはピギャらずにはいられなかったし。コール&レスポンスは楽しかったし。もう何してても推しが可愛くて可愛くて!!!(笑)

そもそもわたしはテニミュの曲が好きだから、他校の曲もたのしかった。山吹のラッキーDEチャチャはテンションぶち上がる。最高。

あと、衣装がいい!推しの私服のがめちゃくちゃかわいかった、、、seasonの制服もぐっときました。てかseasonずるくない?!昼は絶対泣かないって決めて我慢したけど、夜はもうぼろ泣きしたわ、、、あのseasonがあるから、氷帝このメンバーで続投しないのかなって思っちゃったよね。

 

そしてみんな気になる、客降り!昼公演は推しがこっちくるかなって思ったら真逆の方行っちゃって、悲しかった(友人に、あからさまにしょんぼりしすぎって怒られた)。夜公演はちらっときたけどすぐに走って行っちゃって、まあ結果全然推し運なかった(笑)昼と夜の座席が逆だったらどんぴしゃだったから、それ考えるとすごい虚しい、、、でも客降りだけがドリライの楽しさじゃないしね!わたしは推し以外に沸けないタイプのおたくだけど、近くに来て笑顔で踊ってくれるキャスト見てると楽しくなったし、ステージの推しがほんとに楽しそうだったからわたしも幸せだった。

 

ところで、昼公演でキンブレの電池がなくなってしまったんだけど、マチソワ間近くのコンビニはしごしてもことごとく完売してて困った。結局駅まで戻って電気屋さんでやっと買えた。やっぱりみんな同じことになってるよな(笑)これからは電池ちゃんと事前に買おうと思った、無駄にドライバーセット買ったからそれも持ち歩いて(笑)

ご飯屋さんもことごとく並んでて、入れそうなとこ見つけるのに一苦労。どこ行ってもおたくしかいない。

 

あと笑ったのが、昼公演不二のソロでふじ色(薄紫)振ってる人がわたしの見えるところに全くいなくて、去年は不二の出番で必ずふじ色振る人いたし、9代目の不二人気あるって聞いてたから、あれ?あの文化って8代目限定だったの?とか言ってたら、夜公演のゲストに8代目不二の神里くんがいたのね。そしたら夜公演ではめっちゃふじ色多くて、やっぱりそうだ!って思った(笑)ほんとはどうかしらんけど。

 

演出であまりにも腐媚びと捉えてしまうものや、キャラと関係のない映像を流したのは、正直うーーーんって思った。どうしても去年と比べてしまうんだけど、「夢の世界」感が圧倒的に少なかったように思う。ある意味そういう演出も夢の世界だからってことで入れてるのかもしれないけど、わたしが求めているのはそうじゃないんだよな。

 

大千秋楽で各校の挨拶がなかったことについても、正直未だによくわからない。主役のリョーマの挨拶すらちゃんとなくて、ほんとにこれで終わり?!ってすごい思った。わたしは氷帝推しだから全国で戻ってくるこないに関わらず挨拶がほしかったし、これでほんとに卒業(?)の山吹の挨拶もほしかった。ツイッターもみんなすごい荒れてるね。このふわふわした状態が今すごい辛い。推しに次の仕事も決まってないから余計になんかこの有り余るモチベをどうしたらいいのかわからなくて、毎日不安。なんて日だ!!!どーーしたらいい!!!???(内なるバイキング小峠)

わたしオタ活のために生きてる節があるから、ほんとに毎日楽しみがなくてもうやだ。4月5月が毎週のようにイベントやらおたくと遊ぶ予定があったから余計にめちゃくちゃ寂しい。

 

何はともあれ、総括するとこのドリライ、わたしはたのしかった。よく考えると、こんなに好きなものに時間を消費できるのは幸せなことです。ほんとにありがとう。

そして推しくん約1年間、お疲れ様でした。またテニスに戻って来てくれますように。

 

うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVE LIVEに行ってきた

タイトルの通りです。

5月27日に、うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVE LIVE 6TH STAGEに行ってきました。もう6回もやってんだね。すごいね。

うたプリといえば、まあおたくなら必ず、というか一般人でもご存知の方も多い、言わずと知れたファンが熱狂的で有名な乙女ゲーム原作の爆人気アニメです。わたしも6年ほど前にゲームをプレイして爆ハマり、そこからCDやゲーム、グッズを頭おかしいくらい必死に集めました。未だに好きです(正直ここまでずっと好きだとは思ってなかった)。

マジLOVE LIVE(通称プリライ)というのは、そのゲーム、アニメの声優さんがキャラの曲を歌ってくれるライブなのだけど、毎回その倍率の高さに至るところで血と涙が流れており、さらにそこで発売される限定グッズでまた数多くの争いが生まれている、生半可な気持ちでは乗り越えられないプリンセスの一大イベント。チケットは大体アニメの円盤に入っているシリアルコードの先行抽選があるのだけど、おたくはシリアルほしさに円盤積みまくるのが定番です。今回はドーム公演ということでキャパが鬼なので、比較的いつもよりは当選率高かったような気がする。わたしも1枚しか応募しなかったけど運よく当てることができた。前回の5thも行けたのだけど、その前はいくら積んでもほんとに当たらなくて泣いたな。なのでマジLOVE LIVEに参戦するのは今回が2回目でした。

 

前述した通り、グッズが戦争である。前回は前乗りして東京のホテルに泊まって、始発でグッズ列に約7時間並んだ。それでも買えないものもあって、本当に精神的にしんどかった。正直もう二度とこんな物販並びたくねえと思ったよその時は。でもやっぱり今回もグッズが公開されるとほしくなる。ライトほしい。リングライトめっちゃほしい。ただ、今回は仕事の都合でどうしても前乗りはできないので、せめてもの始発の新幹線で行くことにした。池袋でも事前に物販やってたし、当日も池袋と会場二ヶ所に分かれてグッズ販売やっていたから、最悪ライトだけでも買えるだろうと思った。が、甘かったよね〜〜!(笑)

10時頃に会場に到着、すぐに物販列に並んだ。わたしが狙っていたのは推しの真斗のタオル、パンフレット、そしてライトとリングライト。ちなみに、池袋の会場ではくまプリやストラップ、缶バッジなども買えた。会場はチケットを持ってる人のみ物販に参加できた。だからこそみんな池袋行くだろうと思ってたんだけど、会場の列もなかなか。でもまあ去年に比べればなんてこともない列でした。

今回はリアルタイムでサイトから物販の品切れ情報が見れたのだけど(これは非常にありがたかったです)、並んでからどれくらい経った時かあやふやだけどだいぶ初期段階で推しのタオルが残りわずかに。この時点でわたしはまだまだ列の最後の方だったから、いや〜〜、絶対無理でしょ!無理無理!おわたおわた\(^-^)/状態。でもまあ、ライトとリングライトがいちばんほしいから!それはあるし!大丈夫!このときはまだ気持ちも前向き。

その後も続々と残りわずか、完売になっていくスタリ、カルナイのタオル。そのたびに悲鳴が上がり、列を抜ける人がおりました、、、その背中はとても悲しいものだった、、、

そこから何時間か経って、まさかのライトが残りわずか→完売に!!!やめて!!!!ここでごっそり列から人が消えた、、、ぐうわかる。わたしもライトのために並んでたようなもんだったから、ほんとに萎えたもん。でもいっしょに並んでた友人の推しのタオルがかろうじてまだあったのでいっしょに並びたかったのと、パンフレットとリングライト数個買って特典もらえればいいかなという気持ちで並び続けた。ここまできて引き下がれねえって思いもあったしね。

でもそんな思いも儚く、その後そう時間の経たないうちにトレーディングリングライト完売、友人の推しのタオルも完売、、、、パンフレットのために並んでもよかったけど、この時点で2.3時間並んでてしんどかったし列抜けました。今回は在庫がなんせ少なかったね。どうしてもグッズがほしいなら、やっぱり去年のように前乗りしてほぼ徹夜で並ぶくらいじゃないとダメなんだなって思ったわ。地方民は前週に事前物販やられても、そのために飛んでられないからね。相変わらず転売目的もたくさんいたと思うと腹立たしい気持ちになったけど、わたしは大人なので()メインはライブじゃ〜〜ライブ見にきたんじゃ〜〜と気持ち切り替えた(けどしばらくショックで動けなかったのは言うまでもない)。無理なのはわかってるけど、事前に通販してくれたらこんなことにはならないのにと毎回思う。

 動けるようになってから()チケットをリストバンドに引き換え(今回はこれをしないと入れない仕組み)にすぐに並びに行ったんだけど、ええええええ????!!!!14時の時点(ちなみに14時開場、16時30分開演、リストバンド引き換えは朝からやってました)で人がゴミのようなレベル超えてやばいじゃん????!!!!ほんとに見渡す限りの人人人!!!!!!!!えええええええ?????!!!!!!今すぐバルス唱えたいレベルだったけど、並ばないとはじまらないからまた並びました。おたくって並んでばっかだよな。この時に本人確認するんだけど、まあこの規模で本人確認するってのがまず頭おかしい。何万人だと思ってんだ。わたしがリストバンド引き換え終わって会場に入れたのが16時くらいだったけど、まだまだリストバンド引き換えの列の人はいたから、もうこれ開演時間までに全員入るのは無理だなってこの時点で思ったわ。そのあとイベント名物、長蛇のトイレ列に並んだからあっという間に開演の16時30分だったんだけど、その時間にはじまるわけがなく。だってこの時点で席スッカスカ!17時にようやくオープニングはじまったけど、一曲目二曲目のあと変な間がしばらくあって。正直え?大丈夫?って思った。そのあともあとから入場する人たくさんだった。これはみなさんご存知の通りすごい大問題になって、公式は謝罪文載せたり、怒り狂ったプリンセスが訴訟起こすとか言ってたりですごいことになってるけど、この記事はこのこと書くために書いてるんじゃないからあまり言及しないでおく。まあ少し言いたいのは、リストバンドに変える必要あった?ってことと、こうなること予想できなかったにしても、もっとアナウンスして早くリストバンド引き換えするように促してほしかった(現場にはそもそもスタッフが少なすぎる)ことと、間に合わないってなったらせめてリストバンドうんぬん言ってないで入場口で本人確認してとにかく入れろって思ったということです。

 

まあ、それはさておき。いよいよライブがはじまりました(セットリストはすでにたくさんの人が上げてると思うし載せないでおく)。

ステージ構成はこんな感じ

f:id:jgamdjp:20170603170738j:image

距離感とか全く無視してるけど。メインステとセンステもっと大きい。

 

わたしは今回ありがたいことに、アリーナ5列目っていうかなり良い席で見ることができた。神に感謝。一曲目、マジLOVEレジェンドスターで現れたST☆RISHが出てきた瞬間、涙が止まらなかった。普段そんなに乙女じゃない(歳も歳だし)のだけど、もうこのときばかりは気分はプリンセス。終始キャーキャー言いまくってキンブレ振りまくって、プリンスさまのステージに夢中だった。

個人的に印象に特に残ってるのはDAY DREAM。自分の席の近くのサブステ?にキャストが来てわちゃわちゃしてるのがかわいすぎた。

真斗のソロではぼろぼろ泣きました。歌詞がずるい。好き。http://www.kasi-time.com/item-80433.html

こんなん言われたら真斗に夢中だった日々を思い出して泣くに決まってる。

あと、神宮寺レンちゃんのソロで沸きまくるのがたのしかった(笑)ああいうピギャれる曲はいいね。

 

今回初めてヘヴンズもいたわけだけど、ベテラン置きつつ、顔のいい若手も入れて、バランスがいいなと思った。内田雄馬さんがスクリーンに映し出された瞬間、「これは人気出ますわ(もともと人気な方だと存じ上げておりましたが、さらにこれから爆発するだろうという意味で)」って思わず口から出た。

わたしは山下大輝さんがアリトロで近くに来て手をひらひらさせているのを見て、ヘヴンズではシオン推しになったね。ちょろ。

曲でもすごい盛り上がってたし、プリンセスはわりとヘヴンズ受け入れてたと思うんだけど、やっぱりヘヴンズ見てるとこれうたプリ?って思ってしまう感覚はあった。なんだろ、まだ慣れてない。1日目だったからってのはあるけど、空気に馴染んでない感じはした。今後が楽しみ。

 

長いと思ってたライブははじまったら一瞬だった。よく考えたら好きなキャラの声のおじさん(ごめんなさい)にこんなにときめくのは不思議だなあと思ったりする。でもその時にはわたしには確かにアイドルに見えるし、キャラを感じるし。正直、わたしの中ではうたプリの全盛期は終わってる(何年か前はうたプリに全てかけてたので)。それでも、やっぱり好きだなあと思うし、これからもライブあるなら行きたいと思う。映画もたぶん何度も行く。そろそろ終わるのでは?って言われたりしてるし、わたしもそう思ったりするけどね。でも、例えばおばあちゃんになっても思い出して、真斗の歌詞じゃないけど、真斗はそばにいてそのままの姿でわたしに歌を歌ってくれるんだと思う。なんだかポエマーになってしまった。

 

とにかくありがとううたプリ。ありがとう聖川真斗。

 

 

 

でも西武プリンスドームアクセスが悪い。なかなか帰れなかった。大変だったから、次は違う場所でやってほしい(笑)

 

 

意味はない

突然、ツイッターで書ききれないことを思いっきり自分の好きなように書ける場がほしいと思い、ブログをはじめてみた。使い方イマイチわからねえ。とりあえず画像ももこにしたけど本人(?)とは一切関係ありませんご了承ください(おジャ魔女の記事書くことはないと思う)

 

自己紹介なんてものをしてみる。

ぴよみ(本名かすってないよ!)、関西出身関西在住。社会人3年目、平凡なOL。物心ついたころからおたく。様々なジャンルを渡り歩いて三千里。熱しやすく冷めやすい節があるが、好きになったものはとことんはまる。現在は舞台俳優の推しに夢中。J事務所アイドルにも担当がいます。そのへん中心に、観劇や参戦記録なんかを書けたらいいかな〜とぼんやり思ってる(予定は未定)。

 

ブログのタイトルの、「非実在少女」っていうのは、わたしの好きなバンドgo!go!vanillasの楽曲のタイトルからいただきました。あかんか。

歌詞はこちらhttp://sp.uta-net.com/search/kashi.php?TID=150227

いい曲です。いい歌詞です。大好き。わたしは推しに夢見がちな若干リアコ的思考を持っているので、なんだか共感してしまって勝手にテーマソングにしています。少女って年齢じゃないんだけど。ごめんなさい。